こんにちは!

皆さん、お待たせしました!
私が2023年に読んだ中で、特に良かったと感じた本を発表したいと思います!!


読んだ本の数

2022年に読んだ本の数は、237でした!!

昨年が163冊だったので、大幅更新!!

たくさん読んだので、その分素敵な作品たちとたくさん出会えて、めちゃくちゃ楽しかったです!
 

それではさっそく発表ー!!

この中には、2023年に発売された本以外のものも含みますので、ご了承ください。
けっこう前に出版された作品も含みます。 

まずは10位から6位までの発表!

第10位


これは3月くらいに読んだので、けっこう記憶は薄れていますが、めちゃくちゃ面白かった記憶はあるし、めちゃくちゃ大好きだった記憶が残ってるので、今年の1位に選びました!
世のお母さん全員に読んでもらいたいと思った作品!
いや全世界の老若男女に読んでもらいたいと思ったかな(笑)
ヒップホップとかラップとかには全く興味ないですけど、めっちゃノリノリで読みましたよね。
もうこの明子さんのパワフルおかんぶりが超爽快!!
笑って泣けて感情揺さぶられまくりの一冊でした!
これはまた読み返したいなー。


番外編:11〜21位 順位はつけてません

『私たちの世代は』瀬尾まいこ
『夏の体温』瀬尾まいこ
『最後の祈り』薬丸岳
『ロスト・ケア』葉真中顕
『狙撃手の祈り』城山真一
『おしょりん』藤岡陽子
『楽園のカンヴァス』原田マハ
『羊と鋼の森』宮下奈都
『ラブレス』桜木紫乃
『雲を紡ぐ』伊吹有喜
『絞め殺しの樹』河﨑秋子

2023年まとめ

ベスト21の中に、瀬尾まいこさんが3作品、藤岡陽子さん・原田マハさん・伊吹有喜さんがそれぞれ2作品ランクインしました。
この2年間で本を読みまくった結果、好きな作家さんがだいたい固定されてきた気がします。

今年は、社会派ミステリーはあまり好きな作品に出会えなかったかな…というのが少し残念でした。
ミステリーが好きと言うと、本格ミステリーが好きな人の方が圧倒的に多いと思うし、話題になるのもだいたい本格ミステリーの作品ばかりなので、社会派ミステリー自体がそんなにないのかな…なんて思うのですが…。
本格ミステリーはぶっちゃけあまり興味ないんですよ。
2024年以降は社会派ミステリーのいい作品にもっと出会っていきたいですね!

たくさん読書をしていきたいという願望はあるのですが、体が凝り固まり過ぎててやばいので、読書ペースをかなり落としていこうかと思っています。

好きな作家さんを中心に、読書友達の感想を参考にしながら、ゆっくり楽しんでいきたいと思います。

2023年のベストブック、いかがでしたか?
皆さんの読書ライフの参考になれば嬉しいです。
それでは、また2024年に〜!良いお年を〜!